R-CAPという適職診断・職業適性検査プログラムをご存知の方は少ないかもしれません。

R-CAPは、リクルート社が開発した適職診断テストで、幅広い年齢層で利用されています。

無料でR-CAPを利用することはできないのでしょうか。

R-CAPとは

適職診断のR-CAPとはいったいどのようなものなのでしょうか。

R-CAPは、リクルート社が開発した適職診断・職業適性検査プログラムのことで、総合キャリア診断プログラム(Career Assessment Program)のことを指します。

主に高校生が対象の「R-CAP for teens」、主に大学生が対象の「R-CAP」と「R-CAPストレングス」、主に社会人が対象の「R-CAP for business」などの種類があります。

それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

R-CAP for teens

主に高校生が対象のR-CAP for teensは、自分自身がどのような職業に向いているのか、どのような能力に優れているのかを判断するための適性検査・適職診断で、生徒が自ら結果報告書を読み、将来の進路について考えることができるものとなっています。

このR-CAP for teensの結果を参考にし、将来なりたい職業、その職業に就くために学ぶ学問をイメージすることができるのですね。

R-CAPとR-CAPストレングス

R-CAPとは

主に大学生が対象のR-CAPは、ビジネスマン2万人といった多くの調査データをもとに多角的に自分自身の興味・価値観・志向を判断することができる適職診断です。

R-CAPストレングスとは

こちらも主に大学生が対象のR-CAPストレングスは、228の設問から受験者の強み(ストレングス)を診断し、その強みを伝えるためのトレーニングを行うワークコンテンツで、面接でよりよい自己アピールをするためのプログラムです。

就職をするときのエントリーシートには自分の強みを書けなければいけませんよね。

R-CAPストレングス診断テストによって、普段から意識的または無意識的に発揮している「強み」を発見することが可能になります。

さらに発見された「強み」を、エントリーシートやまたは面接の場面などで、企業に伝えられるようトレーニングを行うコンテンツです。

R-CAP for Business

R-CAP for Businessとは、主に社会人向けの社会人向け総合キャリア診断プログラム・適職診断です。

社会人が対象のR-CAP for businessは、実社会で働くビジネスパーソン3万人のデータベースを利用し、高い検査結果を実現しています。

7つのテストの組み合わせによって様々な課題に答えることで、価値観・興味・能力・志向を多面的・多角的に分析することができ、さらに受験者の能力を高める手がかりとすることができる適職診断となっています。

仕事をしていると、自分自身が現在の仕事に向いているのか悩む場面はよくあります。

そんな時に、仕事に対する興味・価値観・志向・能力を分析して、そこで得られたデータベースをもとに自分自身を客観的に分析することができるのが、R-CAP for Businessです。

転職を考えているときは、このR-CAP for Businessを利用するといいでしょう。

R-CAPは有料です

R-CAPは民間企業であるリクルート社が開発・運営しているので、検査を受けるためには費用が掛かります。

残念ながら無料で受検することはできません。

SPIのように企業側が受けるように設定しているわけではなく、自分自身が適職診断をしたいときに受けるものなので、自費で支払う必要がありますね。

ハローワークの適職診断テストのように、公的機関が実施しているわけではないので無料で受けることはできないのです。


 
R-CAP(単独)では、4200円となっています。

STRENGTH(単独)も、4200円ですね。

R-CAP&STRENGTHセットは、6400円です。

R-CAP for Businessは、受検セットをニーズに応じて選ぶことができます。

価格と内容は、

・自分の売りがわかるセット 5,400円
自分は何ができるのか? 市場価値のある自分の売りはなんなのか?
自分の本当の強み弱みを知りたいあなたに、ぴったりのセット。

・自分の適性がわかるセット 5,400円
自分はどんなことに向いているのか?今の仕事や目指している職業への適性は?
自分の可能性を積極的に広げたいあなたのための診断セット。

・ストレスの要因がわかるセット 6,480円
不満があるがはっきりしない。頑張っているのに空回り。ストレスの原因を知りたい。
そのように、自分をもっと「活かす」仕事をしたいと悩んでいるあなたのための診断セット。

・自分のワークスタイルがわかるセット 6,480円
自分の強みをどう伸ばす? どんな分野で勝負する? 
能力と興味を棚卸しして、自分のワークスタイルを確立したいあなたのための診断セット。

・キャリアプランを考えるセット 8,640円
興味、価値観、志向、能力など、さまざまな角度から自分を見つめ直し、
総合的な「キャリアプラン」を考えたいあなたを支援するセット。

となっています。

受検方法は、インターネット受検方式と診断セット受検方式の2種類がありますが、インターネットで受検したほうが簡単でいいですね。

R-CAPを受験するのはお金が必要となります。

しかしお金を払う有料の適職診断なので、その評価も高くなっています。

「自分のしたい仕事がわからない」
「ストレスの原因は何なのか知りたい」

そんなときR-CAPは、お金を払ってでも受けてみる価値があるのではないでしょうか。

自分に現在の仕事が合わないと感じているときは、とにかくまずは行動することが大事です。

適職診断を受けることはその行動の第一歩になりますので、有効に利用しましょう。

グッドポイント診断なら無料で利用できます

先に述べたように、R-CAPは民間企業であるリクルート社が開発・運営しているので、有料の適職診断となっています。

「うーん有料か・・・。無料の適職診断はないの?」

そう思われている方もいるのかもしれません。

そんな方は、同じリクルート社の「リクナビNEXT」が実施しているグッドポイント診断を利用してみてはいかがでしょうか。

グッドポイント診断は、自分の強みを知ることのできる適職診断テストです。

グッドポイント診断は自分の強みがわかる

グッドポイント診断では、あなたの志向を分析する質問を通じて、18種類の強みのうち5つを診断することができます。

  • 親密性(じっくりつきあう)
  • 現実志向 (実現可能性にこだわる)
  • 慎重性 (掘り下げて考える)
  • 冷静沈着 (いつもクール)
  • 自己信頼 (信じた道を突き進む)
  • 俊敏性(スピード第一)
  • 受容力 (広く受け入れる)
  • バランス (全体を考える)
  • 継続力(決めたらとことん)
  • 社交性 (360°オープン)
  • 挑戦心 (高い目標もクリア)
  • 悠然 (ゆったり構える)
  • 高揚性 (ノリがよい)
  • 感受性(場の雰囲気を感じ取る)
  • 柔軟性 (あれこれトライ)
  • 自立 (常に主体的)
  • 独創性(オリジナリティあふれる)
  • 決断力 (迷わず決める)

 
という18種類から、5つの強みを見つけることができるのですね。

グッドポイント診断を使ってみた感想を見てみると、

「診断結果を読んだらアピールに使えそうな強みに気付いたので自己PRを見直し、追記してから応募することにしました。」

「診断結果を見ていたら、面接時に話せそうな仕事のエピソードを思い出しました。自分らしい強みが伝わる経験談として話してみたいと思います。」

など、「自分の強み」「アピールポイント」を知ることに役立つコンテンツであることがよくわかります。

無料で受けることのできる適職診断としては、世間一般の評価もとても高いです。

今現在、「自分の強み」や「アピールポイント」に悩んでいる方にとって、大きな助けとなる可能性があります。

リクナビNEXTに会員登録をすれば、グッドポイント診断は利用できます。

「自分の強み」「アピールポイント」がわからない方は、自分の気付いていない内面を知ってくださいね。

グッドポイント診断はこちらのリクナビNEXT公式サイトへどうぞ!