リクナビNEXTは、転職成功者の約8割が利用している一番人気の転職サイトですね。

はっきり言って、転職を成功させたいのならば登録がマストになるでしょう。

転職活動のためには情報収集が欠かせません。

まずはリクナビNEXTで、さまざまな求人情報を集めてください。

今回はその「リクナビNEXT」の評判・口コミを、実際に利用した方から体験談として寄稿してもらいました。

生の声なので、ぜひ参考にしてくださいね。

リクナビNEXTの評判・口コミと特徴を調査!

リクナビネクストの評判と口コミ

 
31歳の時に転職活動をする際に「リクナビNEXT」を利用しました。その時していた仕事と同じ業種への転職だったので、伝手を頼ったり自分で探す方法はいくらでもありましたが、やはり「転職」と言えば、当時よくCMで見ていた「リクナビNEXT」というイメージで一番最初に登録しました。HPの検索の仕方や見やすさも、他の転職サイトと比べて圧倒的に良かった印象があります。

やはり「リクナビNEXT」は最大手で名前の通ったサイトなので、求人の数も桁違いに多いし、他のサイトには載っていない質の高い・信頼度が高い求人が多いように思いました。こまめにスカウトが来る点などもやはり求人の多さかと。ただやはり多すぎるので選ぶ際に、しっかりと「やりたいこと」「やりたくないこと」を精査しながら探さないと、途方に暮れることになるかと思います。

何事もそうですが、やはり一つのことで決めるのではなく、様々な転職サイトを同時に利用してみた方がいいと思います。サイトによって得意不得意があると思いますし、そのサイトにしか載っていない求人も必ずあると思います。そしてやはり重要なのは自己PRや職歴など、自分の情報を充実させることです。顔も声も雰囲気も分からないわけですから、「会社名書けば分かってくれる」「役職書いたら分かってくれる」は通用しません。できる限り自分のことをアピールして、いかに興味を持ってもらうことに知恵を絞れるか、が重要です。面倒な部分も多いですが、頑張ってください!

34歳女性C

 

 
26歳の時にリクナビネクストを利用しました。忙しい仕事が嫌になってきたので、自分のプライベートをもっと増やそうと思い、転職を決意しました。新卒の就活の際にもリクナビを利用していたので、利用しやすいという点があり、リクナビネクストを利用しました。忙しい中でも登録が簡単にできて、すぐに活動が開始できました。

良かった点は、登録されている企業が沢山あり、一つ一つを少し見ていくだけでも自分の視野が広がっていった事です。スカウトや面談の連絡が沢山きて、気になるときに応えていくだけでも少しずつ転職活動に慣れていけました。悪かった点は、メールがバンバン届いてしまい、仕事中に携帯が鳴ったり、職場の人に携帯を見られそうになった時に転職活動をしているのがバレそうになった事です。

私は、一つ一つの企業を少しずつ見て行き、知らない業界等を知って視野が広がって行きました。また、色々な条件や勤務体系を見て、自分はどうしたいかが具体的に分かるようになってきました。なので、登録されている興味がある企業はいっぱい見て、視野を広げたほうがいいと思います。また、自己PR等も積極的に記入をしておくと企業からオファーが来るのでいっぱい書いたほうがいいです。

男性、27歳、K.O

 

 
28歳の時に「リクナビNEXT」を利用しました。転職活動を始めるにあたり、一人で活動するのが不安で、どういった事に気を付けて活動していけばいいのか分からなかったので、プロのリクナビNEXTにバックアップしてもらえると思ったからです。実際利用してみて、いろいろな案件を紹介してくれたり履歴書の書き方のレクチャーなどもあり心強いなという印象でした。

「リクナビNEXT」の良かった点は、日々案件が更新されたり、案件を探す際にさまざまな条件で検索(例えば、収入、エリア、通勤時間、休日など)できたので自分の働きやすい環境に合わせて探すことができたことです。悪かった点は、業種や業態を設定しているにも関わらず少し違った業種が紹介された時は紛らわしいなと思いました。具体的には、経理職希望でも営業事務職を紹介されたりしたことがありました。

転職はタイミングだと思うので、転職を少しでも考えたのならばとりあえず登録してみる事をお勧めします。本格的に活動開始するまでに業界の市場などがわかってくると思います。履歴書の書き方や面接での受け答えなど転職に関する情報が提供されているのでとても参考になります。私は何社か登録していましたが「リクナビNEXT」が一番内容が充実していると思い、後半はこのサイトしか利用していませんでした。

31歳女性A

 

リクナビNEXTを使って良かった点・悪かった点

リクナビNEXTを使って良かった点・悪かった点をまとめてみます。

良かった点

  • 求人数が多い
  • 他のサイトには載っていない質の高い・信頼度が高い求人が多い
  • こまめにスカウトが来る
  • 日々案件が更新される
  • さまざまな条件で検索できる
  • 自分の視野が広がる

悪かった点

  • 求人数が多すぎる
  • 少し違った業種が紹介される
  • スカウトメールが届きすぎる

求人数の多さはやはり大きなメリット

リクナビNEXTは、その求人数の多さが特徴の一つになっています。

実際に利用した方の体験談を見てみても、「求人数が多く、他の転職サイトには載っていない限定の求人が数多くあること」をメリットとして評価しています。

ただ逆にこの求人数が多すぎることを、デメリットとして感じている方もいるようです。

確かに求人数が多すぎると、目移りしてしまうということはあるかもしれません。

そんなときは、条件を絞って検索することをおすすめします。

リクナビNEXTでは「こだわり条件」として、希望条件のかけ合わせで求人を検索することが可能です。

  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • 月平均残業時間20時間以内
  • 離職率5%以下
  • ブランクOK
  • 育児支援・託児所あり

など、さまざま条件で求人を絞ることができるのでとても便利です。


 
「こだわり条件」を上手に活用して、自分が希望する求人情報を見つけ出してください。

体験談にもあったように、いろいろな求人を見ていると視野がとても広がってきます。

特に自分の知らない業界・職種の求人は、とても勉強になるのでぜひ見てみてください。

たくさんの求人を見るという作業は、転職活動を成功させるうえでとても重要なことです。

視野を広げ、転職を機に自分自身も成長させてくださいね。

リクナビネクストの特徴

次に、リクナビネクストの特徴をもっと詳しく見ていきましょう。

  • 日本の転職サイトの中でNO.1の人気
  • 会員限定機能が豊富に使える
  • 匿名でスカウトを受けられる
  • 会員限定の診断テストができる
  • 幅広い業種の求人がある
  • リクナビNEXTの会員数は700万人超

日本の転職サイトの中でNO.1の人気

  • 求人情報の約9割が正社員募集
  • 求人の4割は新着・更新求人
  • 求人の約85%がリクナビNEXTだけの限定求人

リクナビNEXTは、日本最大級の転職サイトです。

転職成功者の約8割が利用している一番人気の転職サイトですね。

求人情報の約9割が正社員募集なので、正社員として転職をしたいのなら、まず登録しておきたいです。

求人の約85%がリクナビNEXTだけの限定求人なので、ここでないとみることのできない求人がたくさんあるということです。

登録しておくと、質の高い非公開求人の企業からスカウトされることもあるので、ぜひスカウト機能を利用してください。

会員限定機能が豊富に使える

  • 条件登録で新着求人がメールで届く
  • レジュメはデータで保存できる
  • 気になる企業を一括管理できる

リクナビNEXTでは、会員限定で利用できる機能がたくさんあります。


 
会員登録すると、上記のようなマイページで様々なことができます。

例えば、

  • 興味がある求人情報を「気になるリスト」に保存
  • 企業への応募・メッセージの履歴を確認
  • スカウトレジュメの更新
  • メールマガジンなどの配信設定

など、いろいろな機能が利用できるのですね。

特に、保存した企業が新たに求人情報を掲載したときにお知らせしてくれる「気になるリスト」や、レジュメを保存・更新できる機能はとても便利です。

便利な機能を有効活用することで、より転職を成功させる確立をアップさせましょう。

匿名でスカウトを受けられる

  • サイトに載ってない非公開求人と出会えることも
  • 未経験でも憧れの求人に応募できるチャンス!
  • 会社に転職活動がばれる心配はありません

リクナビNEXTでは、レジュメや希望条件を登録しておくと、企業からオファーが届くサービス「スカウト機能」があります。

スカウトからのオファーには、サイトに載ってない非公開求人も含まれています。

このスカウトサービスは匿名で利用できます。

あなた自身を特定できる「氏名」「メールアドレス」「生年月日」などの個人情報は、企業からは一切見ることができないので安心して利用できますね。

現在働いている在職中の勤務先を非公開に設定しておくこともできますので、会社名もばれることはありません。

リクナビNEXTで転職活動をすると、会社にばれるのではないかと疑問に思っている方は多いようですが、個人情報は公開されませんのでご安心ください。

会員限定の診断テストができる

  • 診断結果は自己分析にも活用できます
  • 応募時に診断結果を添付でき、企業に強くアプローチ!

リクナビNEXTでは、「グッドポイント診断」が無料で提供されています。

このグッドポイント診断は、自分の強みを知ることができる自己分析ツールとなっています。

18個の強みの中から、自分の強み5個を客観的に教えてくれます。

面接で「あなたの強みはなんですか?」と質問されたときの対策として役立てることができますね。

このグッドポイント診断の結果は、リクナビNEXTで求人に応募するときに添付することも可能です。

自己アピールの一環にもなるので、ぜひ利用してください。

幅広い業種の求人がある

リクナビNEXTでは、幅広い業種の求人があります。

ほぼすべての業種を網羅しているといっても過言ではありません。

業種の割合は以下のようになっています。

「不動産・建設系 17%」「サービス系 15%」「メーカー系 10%」「マスコミ系 10%」「流通・小売系 10%」「IT・通信系 9%」「メーカー系(電気・電子・機械系) 8%」「商社系(総合商社・素材・医薬品他) 6%」「その他 5%」「専門コンサル系 5%」「商社系(電気・電子・機械系) 3%」「金融・保険系 2%」※2016年7~9月実績

 

たくさんの求人を見て、自分に合った求人を見つけましょう。

またたくさんの求人を見て、自分自身の視野も広げてくださいね。

全国各地の求人情報が掲載

東京・大阪といった都市部だけでなく、全国各地の求人情報が掲載されています。

お住まいの地域に条件を絞って、求人情報を検索することも可能です。

地方にお住まいの方にも利用価値は高いので、転職先が少ない地方の方にとっても活用することができますね。

リクナビNEXTの会員数は700万人超

リクナビNEXTの会員数は、ついに700万人を超えたようです。

毎週約2.0万人が新規登録をしているので、これからもどんどん増えていくでしょう。

転職成功者の約8割が利用しているということは、もし利用しないとそれだけ情報収集において不利になってしまうということです。

転職エージェントを中心に転職活動をするという方も、情報収集のためにリクナビNEXTを活用したほうがいいです。

転職市場の現状を確認するためにも、リクナビNEXTを有効活用してください。

リクナビNEXTだけに登録すれば転職は成功するのか?

リクナビNEXTの評判や特徴を調べてきましたが、リクナビNEXTだけに登録すれば転職は成功するのでしょうか。

答えは「NO」です。

実は転職成功者は、平均4.2社の転職エージェントを利用しているのです。

リクナビNEXTは、転職活動の最初にまず登録すべき転職サイトです。

しかしリクナビNEXTだけで転職活動をするのは、正直なところ無謀です。

何の装備もないヨットで太平洋横断をするようなものです。

私の考える転職活動を成功させる方法はこうです。

 
1、まずはリクナビNEXTに登録をし、たくさんの求人情報を見て情報収集をする。

2.転職エージェントを利用して、いろいろと相談をしながら転職活動を進めていく。

 
単純ですが、これが転職を成功させる秘訣だと考えています。

もちろんリクナビNEXTで希望に合った求人を見つけたら、自分で応募するのもいいことです。

ただ、転職エージェントはとても便利なので、ぜひ活用したいです。

リクナビNEXTと転職エージェントをうまく併用することが、転職を成功させるカギになるでしょう。

最後にリクナビNEXTと転職エージェントをうまく併用して転職を成功させた26歳女性Nさんの体験談をご紹介しておきます。

ぜひあなたも転職を成功させてくださいね。
 

 
24歳の時にリクナビNEXTを利用しました。転職といえばリクナビNEXTという自分自身の勝手なイメージがあり、転職を考え始めたときに一番初めに登録しました。登録して実際のページを見てとにかく求人量が多くこれならすぐに転職できそうだと希望が持てました。検索機能もありますし、毎日新着求人が出てくるのでとりあえず毎日リクナビは見ようと思えるサイトでした。

求人に関しては本当に量が多いので、他社の転職サイトに載っている求人は8割くらいはリクナビNEXTでまかなえていると思います。他社であるものはほぼリクナビにもあるので、調べるのは楽でした。逆にスカウト機能も毎日ようにメールが送られてきますが、こちらはほぼサービス系の求人で、私の希望職種のスカウトは一度もなく、就職サイトの口コミで人がすぐやめて足りてないと書かれているような会社ばかりだったのが残念でした。そのためスカウトは一度も利用しませんでした。

エージェントに行く時間があるのであれば、リクナビNEXTとリクルートエージェントを同時進行で行うのが一番効率的かなと思います。リクナビNEXTで興味を持った会社がエージェントも依頼していれば、エージェントの方から会社の雰囲気や、受かりやすい人、仕事内容などを教えてもらえたりします。エージェント経由の応募は断りづらくなってしまうので、私は情報だけ聞いて応募は直接NEXTの方で行っていました。

26歳女性N

 

リクナビNEXTへの登録はこちらからどうぞ