仕事を辞めて転職したいと考えたとき、一番に覚えておいてほしいことがあります。

それは、「仕事をしていない空白期間を作らないこと」です。

いったん無職の状態になり、仕事のブランク期間が長く続いてしまうと、転職に不利になるケースがあります。

では、仕事の空白期間を作らないためにはどうすればいいのでしょうか。

在職しながら転職活動をしましょう

仕事の空白期間をなしにするためには、在職中に転職活動をするといいのです。

簡単に言えば、転職先・再就職先から内定をもらった後で、今の会社を退職するということですね。

在職中に転職活動をするメリットはたくさんあります。

在職中に転職活動をするメリット

  • 在職中に転職活動をするメリット
  • 仕事の空白期間が無くなる

    焦らずにじっくりと転職活動ができる

    金銭的な不安がなくなる

    会社を辞めないという選択肢も取れる

 

まずは、仕事の空白期間が無くなるというメリットが考えられますね。

仕事の空白期間が無くなる

転職先を決めずに仕事を辞めて会社を退職してしまうと、当然ですが仕事をしていない「空白期間(ブランク期間)」がでてきてしまいます。

転職活動は、順調に進んだとしても内定を獲得するまでに3か月~6か月程度の期間を要するものです。

しかしこれはあくまで順調に進んだケースのことになります。

転職先がなかなか見つからずに苦労する方は、実際にたくさんいますよね。

何らかの役に立つ資格や特殊な能力があれば、すぐに転職先が見つかることもあります。

ただ、転職というものはそう簡単なものではないのが現実です。

書類選考がなかなか通過しなかったり、面接で何度も落とされてしまうこともよくあります。

退職から転職決定までに1年以上かかるということも、特に珍しいわけではありませんよね

もし転職決定までに1年以上経過してしまったらどうでしょう。

その空白期間自体が不利に働いて、さらに転職ができにくくなるという悪循環に陥りかねません。

このように会社を退職してから転職活動をすることは、かなりリスクが大きいものなのですね。

このリスクをなくすためには、在職中に転職活動をすればいいのです。

在職中に転職先から内定をもらっておけば、今の会社を退職してすぐに空白期間なしで再就職することができます。

空白期間を作らないためにも、在職中に転職活動をすることをお勧めします。

空白期間はどれくらいから不利になる?

もし会社を辞めてから転職活動をした場合、その空白期間はどれくらいから不利になるのでしょうか。

先にも述べたように転職活動は、順調にいっても3か月~6か月程度は必要です。

そう考えると、半年程度の空白期間ならばそれほど問題にならないといえるでしょう。

しかしこの空白期間が1年を超えてくると、転職活動に何らかの不利があると考えたほうがいいのかもしれません。

空白期間が長いと応募先企業の面接官は、

「なぜこんなに空白期間があるのだろうか?」
「何らかの問題があるのだろうか?」

という疑問を持つ可能性があります。

確かに能力のある企業が欲しいと思える人材ならば、空白期間なくすぐに再就職が決まる可能性が高いですよね。

しかし空白期間が長いということは、「何度も面接に落ちている」と考えられてしまう危険性があるということです。

企業側とすれば、当然ですが能力のある人材が欲しいです。

能力に疑問を持たれてしまうこと自体が、転職に不利に働いてしまうのですね。

もちろんですが、空白期間があるからといって、その人自身に能力がないというわけではありません。

ただそう思われてしまう危険性が高くなるので、できる限り空白期間を作らないようにしたほうがいいということなのですね。

空白期間の理由によっては不利にならないことも

転職の際に空白期間があるからといって、必ず不利になるというわけではありません。

その理由によっては、空白期間がプラスに受け取られる可能性もあります。

例えば、

「資格取得のため」
「留学をしていたため」

などの理由は、能力向上のためのブランクなので、不利になることはなく逆に有利に働く可能性もありますね。

ただ、

「転職先がなかなか見つからなかった」
「病気療養していました」

といった理由は、やはりプラスには働きません。

もしこのようなプラスに働かない理由であっても、この「空白期間に何をしてどのようなことを得たのか」を、しっかりと面接官に伝える必要があります。

言葉というものはとても大事で、マイナスなものでもあっても、そこで得たものを表現することでプラスに変換することも可能です。

自分自身の前向きな気持ちを、しっかりと伝えることを心がけましょう。

では、空白期間を作らないこと以外にも、在職中に転職活動をするその他のメリットも見ていきましょう。

焦らずにじっくりと転職活動ができる

在職中の転職活動は、いつまでに決めなければいけないということを考える必要がありません。

焦らずにじっくりと企業選びができるということになりますね。

無職の状態で転職活動をすると、焦りからどうしても企業選びに妥協をしがちになります。

転職活動に焦りは禁物です。

じっくりと腰を据えて企業選びをすることができるメリットがあるのですね。

金銭的な不安がなくなる

仕事を辞めて無職になると、当然のことですが給料がなく収入のない状態となってしまいます。

毎月の決まった給料がないというのは、かなり不安です。

家賃や生活費を貯金から切り崩すことになりますが、どんどんと残高が減ってしまいます。

このような金銭面での不安を感じることがないというのも、在職中に転職活動をするメリットの一つになるのですね。

会社を辞めないという選択肢も取れる

そしてこれが最も大きなメリットとなるのですが、もしいい転職先が見つからなかった場合、会社を辞めないという選択肢を取ることもできます。

転職すること自体を辞めてしまうということですね。

転職活動をしようと決意したとき、今の会社に何らかの不満があることが多いと思います。

ただ転職活動をしているうちに、それらの不満が解消するということもあるのです。

「隣の芝生は青く見える」と言いますが、転職活動をしたからこそ、今の会社の良さを再発見することもあります。

そんな時はまだ退職していないのですから、今の会社で働き続けるということも当然できますよね。

いわゆる、保険をかけておくということです。

もちろん転職活動をして、いい会社に巡り合えたなら転職すればいいでしょう。

しかし、必ずいい会社に巡り合えるとは限りません。

今の会社と内定をもらった会社を比較して、どちらを選択するのかを決めればいいのです。

進むばかりではなく、引き返すことができるというのも、在職中に転職活動をするメリットの一つになるのですね。

このように在職中の転職活動は、空白期間を作らないということだけでなくいろいろなメリットがあります。

リスクを少しでも減らすために、転職を考えたときは、在職中に転職活動を始めることをお勧めします。