嫁ターンという言葉をご存知ですか。

奥さんの地元や実家に帰って暮らすことを、嫁ターンといいます。

奥さんの実家近くで暮らすことは何かと便利なこともあるのですが、やはり一番の問題は仕事先があるか、転職できるかどうかです。

嫁ターンで妻の地元に戻った時、転職を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか。

嫁ターンで転職を成功させる方法

Uターン、Iターンという言葉はよく聞きますが、最近は嫁ターンをする方も増えてきています。

奥さんの地元で暮らすという生活パターンが増えてきているということなのでしょう。

そんな嫁ターンをするとき、転職を成功させる方法についてみていきます。
 

  • 嫁ターンする前に転職先を決めておく
  • 地方は転職先が少ないことを知っておくべき

    転職サイト・エージェントを上手に活用する

  • 妻のコネを使って転職する
  • 妻の実家のコネを使って転職をする

    妻の友人関係のコネを使って転職する

 

東京や大阪といった大都会から、妻の実家近くに嫁ターンするというケースが多いと思います。

嫁ターンしてから転職活動をしようと考えている方もいるのかもしれませんが、それはおすすめできません。

まずは転職先から内定を獲得して、仕事を決めてから嫁ターンすることをおすすめします。

嫁ターンする前に転職先を決めておく

具体的には、今の会社で働きながら転職活動を始めるということです。

嫁ターンをしようと決意しても、すぐに引っ越しをするわけではありませんよね。

嫁ターンを決意したら、まず第一に転職活動を始めましょう。

地方は転職先が少ないことを知っておくべき

東京や大阪などの都会では、会社がたくさんあるので転職先も多いです。

しかし地方や田舎では、そもそも会社の絶対数が少ないというのが現実です。

転職活動をしても、なかなかいい自分が希望する条件の会社が見つからないのですね。

嫁ターンで妻の地元に帰るということは、一生そこで暮らす可能性も大きいです。

ならば転職先は、一生働き続ける会社になる可能性もあるということです。

焦って仕事探しをするよりも、じっくりと余裕を持って転職活動をしたいです。

「でも、遠距離にある妻の地元での転職活動なんてどうすればいいの?」

こう疑問に思った方もいるかもしれません。

しかし今は、ネットを通じて「転職サイト」や「転職エージェント」で転職活動ができる時代です。

離れた場所にある、妻の地元の会社への転職活動も十分に可能です。

転職サイト・エージェントを上手に活用する

まずは転職サイトを利用しましょう

「リクナビネクスト」や「マイナビ転職」などの転職サイトを利用すると、スマホで簡単に転職活動をすることができます。

まずはこれら大手の転職サイトに、登録して下さい。

無料で簡単に、たった数分で登録が完了します。

登録をしたら、妻の地元にある企業の求人情報を検索してみましょう。

これら大手の転職サイトは、全国をカバーしているので、地方の求人情報も豊富にあります。

また、自分が希望する勤務地もきちんと登録しておいてください。

そうすると、妻の地元にある企業側から、スカウトメールが届くこともあります。

このように、まずは転職サイトに登録をして、いろいろな求人情報を収集することから始めるといいです。

もちろん自分の希望に沿った会社の求人があれば、応募して書類選考を受けましょう。

複数の企業の求人に応募する

出来れば一つの会社だけでなく、複数の会社に応募することをおすすめします。

複数の会社に応募しておけば、面接の日取りを調整して、1日で複数の会社の面接を受けることも可能です。

嫁ターンで妻の地元に帰るということを説明しておけば、面接を受ける会社も日程の調整をしてくれます。

面接で妻の地元に帰ることは必要ですが、できるだけ効率的に面接を受ければ、今の会社で働きながら転職活動をすることもできるでしょう。

今の会社を辞めてから転職活動をすると、なかなか仕事が見つからないことから焦りが出てくることが多いです。

まずは今の会社で働きながら、在職中に転職活動をすることをおすすめします。

転職エージェントならさらに便利

転職サイトだけでなく、転職エージェントも上手に活用したいです。

転職エージェントを活用すると、今の仕事が忙しくても転職活動をすることが可能です。

エージェントのネットワーク・パイプを活かして、いろいろな非公開の求人を紹介してくれたり、応募手続き、面接の日程調整などの事務手続きを代行して行ってもくれます。

今の仕事が忙しいという方は、転職エージェントを活用することを考えてください。

妻のコネを使って転職する

妻の地元に帰るときは、妻のコネ、妻の実家のコネを利用して転職先を決めるという方法もあります。

妻の実家のコネを使って転職をする

嫁ターンをするとき、妻の実家で両親と同居をしたり、妻の実家の近くで住む方は多いです。

そんな時は、妻の実家の両親のコネを使って転職するという方法がありますね。

地方や田舎では、人間関係が密接なので、コネ入社をする人たちが非常に多いです。

特に妻の両親が顔の広い方たちだと、コネ入社も難しくないでしょう。

コネ入社で希望の会社に転職できるなら、そのコネを十分に活用するのも一つの方法になりますね。

妻の友人関係のコネを使って転職する

妻の実家の両親だけでなく、妻自身のコネを使うことも考えましょう。

嫁ターンをするときの年齢にもよりますが、妻自身の友人関係などを利用して転職先を決める方もいます。

妻の地元なので、妻の友人、友人の旦那さんなどのコネを使うのですね。

地方でも、意外と人手不足の会社は多いものです。

すんなりと転職先が見つかることもよくあります。

妻自身やその両親のコネを最大限に活用して、転職先を見つけることも考えてみてはいかがでしょうか。