「プライベートオファーに応募したのに落ちた!不採用になった!」

リクナビNEXTのプライベートオファーは、すべてが面接確約というわけではありません。

プライベートオファー=「企業の採用担当者からのスカウト」と考えている方もいるようですが、それは間違いです。

転職を成功させるために、まずはプライベートオファーについて良く知っておきましょう。

リクナビNEXTのプライベートオファーをよく知ることで、内定率を高めることもできますからね。

プライベートオファーに落ちる理由と内定率を高める方法!

  • プライベートオファーに落ちる理由とは?
  • すべてが企業の採用担当者から送られてくるわけではないから

  • プライベートオファーの内定率を高める方法とは?
  • 面接確約と記載されているかどうかを見極める

そもそもプライベートオファーって何?

リクナビNEXTには、
 

  • オープンオファー
  • 興味通知オファー
  • プライベートオファー

 
といった3種類のオファーメール(スカウトメール)があります。

オープンオファー

自動送信で送付されるダイレクトメールのようなものです。

返信せずに無視してもかまいません。

プライベートオファー

企業の採用担当者などがこちらの経歴を見たうえで送付してくるスカウトメールです。

しっかりと返信をして対応しましょう。

興味通知オファー

上記のオープンオファーとプライベートオファーの間に位置付けされるオファーです。

それなりに役に立つオファーですが、自動送信も多くそれほど重要ではありません。

3つのオファーの重要度

3つのオファーを重要度で考えると、
 

1.プライベートオファー > 2.興味通知オファー > 3.オープンオファー

 
となっています。

リクナビNEXTを利用すると、たくさんのスカウトメールが送られてきます。

すべてのメールに対応はできないので、まずはプライベートオファーを優先して対応してください。

プライベートオファーにも重要度のレベルがある

実はプライベートオファーの中でも、重要度のレベルが違っています。

誰から送られてきたかによって重要度が違う

プライベートオファーは、企業の採用担当者からだけ送られてくるわけではありません。

では誰から?というと、転職エージェントからも送られてきます。

リクナビNEXTでは多くの転職エージェントと提携しているので、彼らからもプライベートオファーが送られてくるのですね。

送付者の重要度で考えると、
 

1.企業の採用担当者から > 2.転職エージェントから

 
と、企業の採用担当者から直接送られてきたプライベートオファーのほうが重要度は高いです。

企業の採用担当者から直接送られてきたプライベートオファー

企業の採用担当者からのプライベートオファーは、やはり大事にしたいです。

書類選考なしで、いきなり面接からスタートできることが多いですからね。

もちろん興味のない企業からのオファーなら、無視しても問題はありません。

しかし「何日間も見ることなく放置してしまい、応募期間が過ぎてしまった」というのはよくある話です。

まずは、きちんと目を通すという習慣をつけておきたいですね。

転職エージェントからのプライベートオファー

リクナビNEXTが提携している転職エージェントから、プライベートオファーが送られてくることがあります。

転職エージェントは求人募集をしている企業から依頼をされて、条件に当てはまったあなたにプライベートオファーを送ってきています。

そう考えると、まったく意味のないものではないといえますよね。

しかし企業の採用担当者が、直接あなた自身の経歴を見たというわけではありません。

実際に、

「転職エージェントからプライベートオファーに申し込んだけど、書類選考で不採用になった」

ということはよくある話です。

もし自分の興味のある会社へのオファーならば、きちんと返信して対応すればいいでしょう。

しかし興味のない会社からのオファーなら、無視しても差し支えはありません。

プライベートオファーの内容によって重要度が違う

プライベートオファーは、「誰から」だけではなく、その「内容」によっても重要度が違います。

具体的には、
 

「面接確約」

 
の一言があるかどうかで、プライベートオファーの重要度は変わってくるのです。

「面接確約」と記載されていれば、書類選考なしで面接からスタートできるということです。

いきなり面接からスタートできるのですから、企業側の採用意欲も高いということになりますよね。

プライベートオファーの内定率を上げるには、この「面接確約」をいかに活かすかということが重要です。

すべてのプライベートオファーに対応していると、どうしても確率が悪くなり内定率も低くなってしまいます。

転職活動は長期戦になることもあるので、内定率が低くなると疲労が大きくなるので注意が必要です。

一発必中とはなかなかいきませんが、「プライベートオファーの質を見極めて内定率を上げる」という努力もしたいですね。

そのためにも「面接確約」という文言に着目してください。
 

  • プライベートオファーに落ちる理由とは?
  • すべてが企業の採用担当者から送られてくるわけではないから

  • プライベートオファーの内定率を高める方法とは?
  • 面接確約と記載されているかどうかを見極める

 
この2点をしっかりと理解したうえで、プライベートオファーを活用してくださいね。

プライベートオファーのメリットとデメリット

ここでプライベートオファーのメリットとデメリットを、おさらいしておきます。

プライベートオファーのメリット

  • 面接からスタートできる
  • 内定率を上げることができる
  • 自分の知らない企業を知ることができる

面接からスタートできる

プライベートオファーの最大のメリットは、「面接確約」と記載されていれば面接からスタートできるということです。

書類選考を省略できると、かなり転職活動の負担が軽くなります。

しかも自分に興味を持ってくれている企業からの面接なので、採用される確率も上がるでしょう。

内定率を上げることができる

面接からスタートできるということは、必然的に内定率を上げることができます。

書類選考の通過率は、企業によっては20%ほどしかないこともあります。

全体的にな書類選考通過率は、30%ほどでしょうか。

この書類選考を省き面接からスタートすることで、内定率を上げることができるのです。

もちろん面接でも企業側が興味を持っているのですから、内定率は通常よりも高くなるはずです。

プライベートオファーを上手に使い、内定率を上げてください。

自分の知らない企業を知ることができる

世の中にはたくさんの会社があります。

リクナビNEXTでいろいろ検索していると、自分の知らない企業がたくさんヒットしますよね。

プライベートオファーでは、そんな自分が知らない企業を知ることができるチャンスでもあります。

プライベートオファーをする会社は、「業績が伸びており人手不足である」というケースも多いです。

いろいろな企業を知ることで、転職を成功させる確立を上げることもできるでしょう。

プライベートオファーのデメリット

  • 必ず面接確約というわけではない
  • たくさん送られてきて対応しきれない

必ず面接確約というわけではない

先に述べたように、プライベートオファーだからといって必ず面接が確約されているわけではありません。

転職エージェントからのプライベートオファーだと、書類選考からスタートすることもあります。

この内情をよく知っておかないと、

「プライベートオファーに応募したのに落ちた!不採用になった!」

と不満を募らせることになりかねません。

プライベートオファーに「面接確約」と記載されているかどうかを、しっかりとチェックしてくださいね。

たくさん送られてきて対応しきれない

プライベートオファーがたくさん送られてくることに、驚かれる方も多いのではないでしょうか。

職務経歴・自己PR・キャリアプランをしっかりと記載しておくと、プライベートオファーがたくさん送られてくることがあります。

企業の採用担当者や転職エージェントは、職務経歴・自己PR・キャリアプランに書かれた情報を見て、オファーしてくるのですね。

もしたくさんのプライベートオファーが送られてくるときは、まずは「面接確約」の文言があるかどうかで取捨選択するといいでしょう。

「面接確約」の文言がないプライベートオファーは、企業側の本気度も低いといえますからね。

転職エージェントからのプライベートオファーは意味があるのか?

企業から「面接確約」で送られてくるプライベートオファーは大事にしたいです。

しかし、転職エージェントからのプライベートオファーは意味があるのでしょうか。

最初から転職エージェントサイトを利用したほうが便利である

私の意見としては、「それなら最初から転職エージェントサイトを利用したほうが便利です」という答えになりますね。

リクナビNEXTを利用する最大のメリットは、自分のペースで転職活動ができるということです。

「自分のペースで転職活動をしながら、企業からのプライベートに対応する」ぐらいがちょうどいいペースではないでしょうか。

転職エージェントからのプライベートオファーすべてに対応していたら、自分のペースで転職活動をすることは難しくなります。

もしそうならば、最初から転職エージェントサイトを利用したほうが便利です。

転職エージェントサイトで相談しながら転職活動

「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」などの転職エージェントサイトを利用するメリットは何でしょうか。

  • エージェントに相談しながら転職活動ができる
  • 質のいい非公開求人を紹介してもらえる
  • 応募手続きなどを代行してくれる
  • 企業の実際の雰囲気を教えてくれる

 

「リクルートエージェント」など転職エージェントサイトに登録すると、自分担当のエージェント(キャリアアドバイザー)が付いてくれます。

自分のキャリアを説明して希望条件を伝えると、それに適した求人を紹介してくれます。

エージェントはたくさんの非公開求人をそれぞれ持っており、その中から適した求人を紹介してくれるのですね。

またいろいろと相談しながら転職活動を進めていくことができますし、応募手続きや面接の日取りなどの調整を代行してくれます。

もしリクナビNEXTで転職エージェントサイトからのプライベートオファーを利用するなら、最初から転職エージェントを利用したほうが便利ですし有効になるでしょう。

リクナビNEXTと転職エージェントサイトをうまく併用しよう

例えばリクナビNEXTとリクルートエージェントでは、それぞれメリットとデメリットがあります。

これは自分の置かれている立場によって、メリットにも変わりデメリットにも変わってくるものです。

例えば、転職しようかどうか迷っている段階では、リクナビNEXTで自分のペースで転職活動を始めることがおすすめです。

しかしすでに転職を決意している場合は、リクルートエージェントを利用したほうが効果的に転職を成功させることができるでしょう。

まずはリクナビNEXTでいろいろと企業調査をして、その後にリクルートエージェントで本気に転職活動をするという方法もありますね。

リクナビNEXTと転職エージェントサイトをうまく併用することで、転職活動を成功させる確率・内定率を上げることができるでしょう。

まずは最初にリクナビNEXTに登録して、いろいろな企業情報を見るとともにプライベートオファーを受け取ってください。

はっきり言って、リクナビNEXTに登録せずに転職活動をするのは、かなりもったいないです。

転職成功者の8割がリクナビNEXTを利用しているというデータもありますので、まずは登録して利用してくださいね。